college life

主に音楽・バイト・ドラマ・モーニング娘。に関する情報を発信します

MENU

【受け口】【ガタガタ】歯科矯正を始めて2年でどれくらい歯並びが変わったのかを比較しました【写真あり】

はじめに

キレイな歯並びってあこがれますよね

何もしなくても元から歯並びがキレイな人もいますが、そうじゃない人の方が多いのではないでしょうか

特に女性の方なら1度は自分の歯並びについて考えたことがあると思います

「キレイとまでは言えないけど矯正するほどガタガタでもないな〜」という人もいれば、「自分の歯並びが嫌い!!矯正したい!!」という人もいるでしょう

私は後者でした

『受け口&歯並びガタガタ』

ずっと自分の歯並びが嫌で、大学1年生の夏休みに念願の矯正を始めて今年で2年が経ちました

今日はそんな私の歯並びが2年間でどれくらい変わったのかを【写真付き】でお教えします

 

矯正開始直後と矯正から約2年たった現在【写真あり】

 では、私が矯正器具を始めてつけた日の写真と矯正を始めて約2年たった現在の写真をお見せします(画質が悪いですがお許しください) 

 

矯正開始直後

f:id:hiromorning:20181021013913j:plain

  • 受け口(しゃくれ)
  • 中心がかなりずれている
  • 上も下もガタガタ
  • 写真ではわかりづらいが向かって左側の上の歯は2番目と3番目が重なっている
  • 下の歯は左右ともに3番目までが横1列に並んでいる

 

 

約2年たった現在

f:id:hiromorning:20181021013531j:plain

  • 受け口がひどくなった
  • 中心はだいぶそろってきた(むしろ2番目の歯を正しい位置に戻すために若干反対側にづれている)
  • 下の歯がちゃんとアーチ型になった
  • 全体的なガタガタが治った
  • 2番目と3番目の位置関係が正常になった

 

いかかでしょうか

2年も経つと自分でもだいぶ変わったと実感します

また、中心がちゃんとした位置に戻るだけでもかなり印象が変わるものですね

全体的に矯正前に比べるとよくなっていますが、”受け口がひどくなった”という部分にみなさん「えっ。。。」っと思うことでしょう

その理由は次の項で説明します

 

受け口がひどくなった

写真で見比べるとあまり違いがわからないかもしれませんが、矯正前は上下の前歯を噛み合わせることができたのに対して現在上下の前歯に2mmほどの隙間があります

受け口を治すために矯正を始めたのにそれじゃ意味ないじゃんってなりますよね

しかし、受け口を治すには”矯正だけで治す”ものと”外科手術を伴う”ものがあり、この2つでは受け口を治すまでの過程が異なります

そして私は後者の方法で受け口を治す予定なのです

 

外科手術を伴う受け口矯正

最初は矯正だけで受け口を治したいと思っていました

しかし、矯正を始める前の検査を受けて説明を聞くと

  • 外科手術を伴う矯正の方が費用が安くなる
  • 矯正だけで受け口を治しても根本的な解決にならない

ということがわかりました

手術した方が安くなるって不思議ですが、どうやら私の場合は手術を伴う受け口矯正だと保険が適応されてむしろ治療費が安くなるとのことでした(必ずしもそうとは言えないので医師に相談してみてください)

手術を受けた方が安く済むし、根本的に受け口を治せるのならと思い手術を受けることを決めました

外科手術を受ける人には避けては通れない道

受け口を治すための外科手術を受ける人には避けては通れない道があります

それが受け口最強期といわれる魔の期間です

矯正だけで受け口を治す人は日が経つにつれて受け口が治っていくのかもしれませんが、外科手術を伴う受け口矯正の人は手術に向けてだんだん受け口がひどくなっていくのです!!

そう、私の受け口がひどくなっていくのもそのせいなんです 

いったん、ここまでの話をまとめると

『矯正だけの場合』

  • 治療費が高くなる(私の場合)
  • 根本的には受け口を治せない
  • 日が経つにつれて受け口が治っていく

『外科手術を受ける場合』

  • 治療費が安くなる(私の場合)
  • 根本的に受け口を治せる
  • 日が経つにつれて受け口がひどくなる

ものごとってほんとバランスよくできてるんですね、、、

どちらの方法を選ぶかはどの条件を重視するかによると思います

私の場合は外科手術を受けた方が治療費が安くなるということもあるし、就職すれば生活環境も変わるので手術前後の変化をあまり気にしなくてもいいということもあって手術を受ける方法を選びました

しかし、治療費に差がなかったり今後生活環境が変わることもないなら絶対に”矯正だけ”の治療を選びました

私の治療の流れ

ここで私の受け口を治すまでの流れを説明します

  1. 上の歯のガタガタを治す
  2. 下の歯のガタガタを治す
  3. 手術で上下の位置関係を正常にする
  4. 噛み合わせをそろえる

今は1と2を同時進行しています

この2と3の間が受け口最強期に当たります

また、私は3の手術まではあと1年ほどかかるようです 

最後に

私の知り合いには40歳を過ぎてから矯正を始めた方もいます

結婚して子供を産んだあとでも矯正を始めるという人も決して珍しくはないようです

私はずっと自分の歯並びを気にして生きるより、キレイな歯並びを手に入れて思いっき笑って過ごしたいと思って矯正を始めました

私と同じように受け口やガタガタ歯並びで悩んでいるみなさん

矯正に少しでも興味があるなら1度歯医者さんに相談されることをおすすめします

そして、矯正を始める場合はちゃんと自分にあった歯医者さんを見つけてください

最後までありがとうございました。